ポジティブな人

ネガティブ環境からの脱出!ポジティブな友人を増やすためのおすすめ対策

2020年2月2日

マイナスなイメージは更に大きなマイナスを引き寄せます。そろそろポジティブシンキングしてみませんか?

ネガティブなマインドを取り払えないあなたへ

マインドはあなた自身のことを指しています。

人間は思った通りに変化していく生き物です。

もしネガティブな環境や状態にあれば、エネルギーに満ち溢れた生活は難しいでしょう。

また、ネガティブは不幸も呼び寄せます。

」なんて聴くと信ぴょう性が薄れるかもしれませんが、本当に運気が下がります。

類は友を呼ぶのです。

負のスパイラルに陥ったらなかなか抜け出すことはできません。

その不幸の渦から抜け出す方法は、自分の考え方を変えるために、友だちを変えてみることです。

あなたの周りには何人のポジティブパッションの持ち主がいるでしょうか?

少なくてもいいです。1人でもいいです。接してください。

そして、インスパイアされてください。最後に分け与えてもらってください。ポジティブマインドを。

ここからは【ネガティブなマインドを取り払えないあなたへ】3つの言葉を贈ります。

親友は1人いれば多い

あなたはいつも好かれようとしていませんか?

人前では自分をつくろってしまうという人は多いと思います。

好き」の反対は「嫌い」ではないです。

もしその理論が正しければ、「嫌われないようにすること」が「好かれること」になります。

実際は嫌われようが関係ないと自分の好きなように自由に発信できる人が好かれます。

だから親友というのは自然と気付いたらできているものなのです。

友だちを作りに行ってできた友だちは親友にはなりえません。

そして、好きなことを自由に発信できる親友はあなたのポジティブを引き出してくれます。

親友には否定がないからです(非人道的なことは止めてくれます)。

自由な考え方、表現、インスピレーションがポジティブフレンドを引き寄せるのです。

心から信頼できる親友がいれば、誰に嫌われようと怖くないものです。

友情を目的にしたら損する

今日では成功するためには人脈が必要だといって、様々なセミナーや懇親会が行われています。

私も参加したことがありますが、その会場では自己利益を考えた普通のコミュニケーションも取れない人が多くいました。

そこに参加している私自身もそうだったからです。

人脈や友情は目的ではありません。

ある事柄にチャレンジして、必死に駆け抜けてきた1人の人間を応援しようと集まった人が本当の友情なのです。

そこには他己利益を尊重した利他主義者に向けたエールがあったのです。

現代では成功するために必死になっている人間が多いですが、人脈を作る上で順番が逆になっています。

この順番を逆にしてしまうと、ネガティブに引きずり込まれてしまうので気を付けてください。

「ごめんね」と素直に言える人間になろう

ポジティブな関係を持つために大切なことは、自分に非を感じた時は素直に謝ることです。

新しい出会いより、今の関係をまずは大切にしてみてください。

そうするとポジティブな関係が周りに溢れるようになります。

ごめんね」を言えない関係が続くと、どちらが悪いか解らなくなって、お互いをけん制し合います。

実際は勝敗を決めようとするから、関係の悪循環が生まれてしまうので、そのスパイラルに陥る前に自分から一言「ごめんね」と言えるようになりましょう。

謝るということはポジティブを引き寄せるということです。

まとめ

ネガティブなマインドは自分の身の回りにいる人間によって形成されてしまうことがあります。

だから友人は非常に重要な役割を果たします。

「人脈」と聴くと、身構えてしまう人が増えてきたのは、関係を作る上での順番が不自然になっているからでしょう。

ありのままの自分を受け入れてくれる友人こそ、あなたのポジティブマインドを引き出してくれるポジティブパーソンなのです。

ネガティブな関係を打ち破って、素直な自分で生きてみましょう。

-ポジティブな人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。