チャンスに強い人

オンリーワンになるためにはナンバーワンを目指す必要がある話し

ナンバーワンになるのは難しいですが、オンリーワンにはなれます。

ナンバーワンを諦めてしまったあなたへ

ナンバーワンもオンリーワンも共通点は一番であることです。

相違点としては、それを目指す母数の多さにあります。

ナンバーワンを目指す人間は無数の競争を潜り抜けていく必要があります。

オンリーワンを目指す人間は戦うことなく頂点を獲得します。

あなたはどちらを目指したいですか?

答えはオンリーワンだと思います。

しかし、オンリーワンを目指しながらもみんなが通う教育機関の授業を受講したり、みんなが通う一般企業で働いたりしています。

人間はなりたい自分を押し殺して生きていく生き物です。

理論的に考えて、ナンバーワンを目指すというレッドオーシャンで戦うことは時間の無駄だということは分かっているのです。

そこにチャンスが無いのも理解しているのです。

それではなぜこのような不合理な競争を永遠に繰り返さなければいけないのでしょうか?

答えは簡単で、挑戦することを恐れて生きてきたからです。

今までに何を挑戦してきたかと聞かれて、胸を張って答えられる人は人口の3%もいないでしょう。

殆どの人間が自分の人生に興味が無く、他人のどうでもいいうわさ話や戯言に興味を持ちます。

全く時間の無駄です。

今、本当にやらなければいけないことは、自分の好きなことや得意なことの情報を発信するプラットフォームを介して世界に届けることです。

自分しかやってないことがオンリーワンになるカギです。

ここからは【ナンバーワンを諦めてしまったあなたへ】3つの言葉を贈ります。

まずはナンバーワン

最初からオンリーワンを目指している人はオンリーワンになれません。

それでは、単純にナンバーワンから逃げただけになります。

大切なことはナンバーワンを目指す過程で、失敗を繰り返し、突破口を見つけるのです。

レールの上にオンリーワンは転がっていません。

数多くの挑戦で失敗を続けて「自分にはこれしか残っていない」と確信した何かがオンリーワンなのです。

人間は失敗からしか成長できません。失敗は挑戦しなくては訪れません。

失敗することが人生の最も合理的な生き方です。

まずは一人でやる

もしオンリーワンを目指すのであれば、一人でやることをオススメします。

最初から仲間を集めようとしているベンチャー企業が成功した事例を見たことがありません。

精神的にみんなでやれば怖くないかもしれませんが、群がっている集団に突破力はありません。

意見が二転三転して、結局実行に移されなくなります。

群れずに自分の信じた道を突き進む人間に、可能性がやってくるのです。

そして、その可能性に優秀な仲間が集まります。

生き方に力が入っていない

自分の強みで勝負していく人間はライバルがいないから力みが無いです。

いつもリラックスして生きています。

オンリーワンを目指している人はどこかで他人と比較したり自分の現状を把握しようと必死になります。

しかし、それでは提供しなければいけない価値への注力が散漫になってしまいます。

自分にしかできないことを見つけたら、後は突き進むだけなのです。

まとめ

オンリーワンはナンバーワンを必死に目指した人間にしかなれません。

ナンバーワンを目指した結果、オンリーワンになるのです。

だから、群がっている時間はありません。

自分という存在の価値を、インターネットの力を使って、発信するのです。

-チャンスに強い人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。