夢を叶える人

【自己PR】突破力をアピールするために継続力をつける方法

大きな壁を乗り越える力を手に入れるには継続力が必要です。

継続力を自己PRで輝かせたいあなたへ

突破力とは壁を乗り越える力のことを意味しています。

多くの人は壁を越えると聞くと、一瞬で乗り越えるようなイメージをするかもしれません。

しかし、全く違います。

ここで言う「壁」というものは、実は山のような形をしています。

毎日毎日、山を登り続けて、山頂にある奇跡の果実を村のみんなに分け与えることが、壁を越えるということです。

つまり、山を登るという行為自体は誰にでもできます。

重要なことは、どれくらいの標高があるか分からない山の山頂を目指して、歩き続けられるかの継続力です。

才能なんてこの世には存在しません。

ただ、その道が好きで好きでたまらない人が継続して、探求してきたからこそ天才が生まれます。

何事も最初はみんなビギナーです。初めから優秀な人間なんて存在しないのです。

しかし、発達したメディアやSNSが特別視するような記事や報道を流すことによって、神格化されてしまいます。

一番可哀そうなのは栄光を称えられた当事者です。

今まで一生懸命泥水をすすって継続してきたことを一瞬の結果しか切り取られずに、メディアに流し込まれるのです。

まるで継続力を才能のように、一般人が感じてしまうのも無理は無いですね。

ここからは【継続力を自己PRで輝かせたいあなたへ】3つの言葉を贈ります。

継続して本音で生きる

建前で生きている人間には突破力がありません。

建前とは「嘘」のことを指します。

言葉に嘘が多いと行動にも嘘が現れます。

継続して嘘を繰り返すと、人生が嘘で塗り固められて、行動力にキレが無くなります。

本音で生きている人間は判断能力が高く、自分の理想に対して素直です。

自分の仲間を増やすためにも本音で生きていきましょう。本音を共感してくれる仲間は強いです。

建前ばかりで生きているような人間は、最終的に仲間から見放されたり悲惨な後処理に追われてしまいます。

瞬発力ではなく継続力

突破力と聞くと瞬発系のイメージが湧き上がると思います。

強行突破して次々と問題を解決していくかっこいいビジネスマンを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、瞬発力は長続きしません。

どれだけ短期間で突破しても、精神的に疲弊して仕事をこなせなくなったらゲームオーバーです。

継続的なトレーニングの上に突破力が成立しているのであって、瞬発力とは一発屋を意味します。

不器用でもたくさんの失敗の中から学び取れる選手が最終的に夢を叶えるのです。

他人と競っている人は突破できない

人生は長期戦です。

ゆっくりでも最後まで走り切った人が成功者になると決まっています。

そして、走り切れなかった人間の共通点は他人と自分を比較しているということにあります。

人間は自分と他人を比べることで不安と安心を繰り返します。

その一喜一憂が人間から生気を奪い取るのです。

他人を抜いて勝利することは、単なる瞬発力です。

自分との戦いを継続的に繰り返した人間だけが、オリジナルの幸せを手に入れるのです。

まとめ

夢は突破力によって叶えられます。

そして、その突破力は継続力だということが理解できたと思います。

最初から才能がある人間など、この世界には存在しません。

天才は必ず、みんなと同じビギナーとしてスタートを切っています。

-夢を叶える人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。