夢を叶える人

画期的なアイディアを発想するために「当たり前」を捨てる方法

抜本的なアイディアでしか評価されない世の中になりました。

模範解答が大好きなあなたへ

学校教育が社会に出て役に立ったことは殆ど無いと思います。

日頃から使う簡単な計算や日常会話レベルの言葉は全て、小学生の時点で学ぶことができます。

では、なぜ学校教育で学んだことを社会では使わないのでしょう?

それは、教育で学ぶことは当たり前だからです。

当たり前のことは社会に出ても誰も教えてくれません。

日本人は模範解答通り物事に取り組むように幼いころに脳にプログラミングされます。

間違ったことはしてはいけないと多くの人間に洗脳されてきたと思います。

しかし、レールを踏み外したり、他人と違う発想を持つことは悪いことなのでしょうか?

答えはノーです。

今の現状に不満がある人の多くは、上司から評価されないことや給与が上がらないことにあると思います。

それこそ当たり前です。

人間は希少価値に評価を付けます。

模範解答は99%の人間が提出してくるものです。

しかし、残りの1%が大外れの解答か大当たりの解答を持ってくるのです。

この場合、正解か不正解化は関係ありません。

勇気をもって一歩踏み出したことに価値があるのです。

もし、現状でくすぶっているのであれば、模範解答を捨てて、自分らしい答えを見つけてみましょう。

ここからは【模範解答が大好きなあなたへ】3つの言葉を贈ります。

常に正しいとされている常識を疑う

ニュース番組やニュースアプリで報道を見ると思いますが、本当に正しいでしょうか?

実は被害者と加害者が逆になっているかもしれないでしょうか?

日常で私たちは全体の一部だけ切り取られた情報を信じています。

そのことについて深く考えることはありませんよね。

それではニュースを信じさせられているだけです。

ニュースは見ることに意味はありません。

正しいか否か自分で判断する、そして、自分の次にとるべきアクションまで考えることがニュースの本質です。

与えられた情報を常識だと思っていても何の成長も無いです。

疑うべきは常識です。

クリエイティブな発想は常識の裏側に存在するのです。

もし明日死ぬなら何をするか

明日が来ないと考えたことはあるでしょうか?

もし明日が訪れないなら、今から何をしますか?

あなたが本当にしたいことは、その中にあります。

発想力がマックス値に達し、行動力とバイタリティで動き回ると思います。

夢を叶えるということは、常に恐怖を感じています。

自分がやりたいことを叶えられない恐怖が原動力になっているのです。

自分の生きている役割は何かと、真剣に考えた人間にしか、本当の幸せは手に入らないです。

問題自体が間違っている

夢を叶えるために必要なことは会社で学べます。

プロジェクトを任され、それについて会議で話し合う場面に遭遇したことがあると思います。

大切に計画を煮詰めてプロジェクトに着手したと思いますが、そもそもプロジェクトが間違っているのではないかと疑問に思ったことはないでしょうか?

つまり、与えられた問題自体が間違っているという現象です。

学生時代では問題にミスなんてないと思い込んで解答していました。

その癖が社会人になっても直らないのです。

社会に出ると平気で間違っていることをやらされます。平気で理不尽なこともお客様にしないといけません。

それは学生の時に、問題が間違っているはずがないと、信じて解いてきたことに欠陥があるからです。

間違いだらけの世の中で、与えられたことが正しいと思わないことです。

鋭い視点で物事を多角的に見解していきましょう。

まとめ

他人に評価を受けるということは希少性を長い年月をかけて極めたからです。

夢を叶える人に天才なんて存在しないです。

常に当たり前や常識を疑って、その裏に回り込んだ希少性の高い視点が評価されているだけなのです。

-夢を叶える人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。