チャンスに強い人

決断力がない時に行動するためのこれだけは守りたい3つの考え方

検討と先延ばしで問題から逃げているのではないでしょうか?

決断力の欠如で現状の問題を解決できないあなたへ

あなたは学生になって、社会人になって、数字で自分の成長を説明できるでしょうか?

この問いに多くの人が困惑すると思います。

実は私が社会人1年目~2年目は、何も成長していませんでした。

自分の成長を人に説明できるだけの材料も証拠も無かったのです。

学生時代は陸上競技をやっていたので、数字で自分の成長を証明できました。

しかし、社会人となって努力や頑張りは殆ど評価されないで、唯一残業が多い月だけ少し給与が多かったという皮肉を味わいました。

つまり、私は社会人1年目と2年目を無駄にしてしまったということです。

非常に強い焦りを感じました。

24歳になるまで、他人に誇れるものを何も持ち合わせていなかったのです。

これは明らかに、決断を先送りにした自分へのツケが回ってきたのだろうと解釈しました。

自分と同年代でビジネスやスポーツ、特殊な分野の第一線で活躍している人は勿論多くはないです。

しかし、少数ながら存在することも事実です。

私はそのマイノリティに乗り遅れたことに対して、自分の決断力の無さを痛感しました。

人生は幸せに過ごしても不幸に過ごしても、同じ時間の中でしか生きることができません。

それだったらどちらを選びたいでしょう?

このような問題は日常の中で常に問い続けられ、それを先送りにしてきました。

だから私は自分の役割について真剣に考えて、自分の価値を社会に還元できるような人間にあろうと決断したのです。

ここからは【決断力の欠如で現状の問題を解決できないあなたへ】3つの言葉を贈ります。

検討に前向きは無い

「検討しておきます」という口癖がある人には近寄らない方が良いでしょう。

検討にはネガティブな要素がたくさん詰まっています。

問題の先延ばしや自分には解決できないこと、インスピレーションを捨ててしまうことなど自分にとっても相手にとってもマイナスです。

言葉には大きな影響力があります。

あなたの周りの習慣があなたの習慣になります。

ネガティブな習慣を持った人たちより、スピード感のある人間関係を構築しましょう。

チャンスは待ってくれないです。

考える前に手を挙げる

よく物事をしっかり考えてから行動しなさいと言う人がいますね。

考えているうちに現状維持を選んで、今の苦しい状況に陥っているのではないでしょうか?

考えることには意味はありません。

将来のことを考えることは、アクションするかしないかに関係ないからです。

順番が逆で、アクションしてからどうしたら良いか考えるクセを付けましょう。

そうすることで、アクションする前のアイディアの100倍の閃きがあります。

人間は恐怖時に高いパフォーマンスを発揮します。

入り口は全てイエスでいいのです。

一度逃げると一生決断に追われる

決断というものは先延ばしにすることで、更に悪化した状態で決断を迫られます。

このことについては例外無く、降りかかるようになっています。

重要な決断ももう少し考えてから答えを出したいと、先送りにしてしまう傾向があるのではないでしょうか?

何度も言いますが、決断することに対しては殆ど意味がないです。

重要なのはその後、どうするか本気で考えることです。

チャンスとはイエスかノーかで答えるだけの簡単な問いです。

しかし、これに答えられない人が90%以上の日本ではチャンスを手にすることは難しいでしょう。

まとめ

チャンスとは日常に転がっていて、それに対してアンサーを繰り返すだけです。

大きなチャンスがあると勘違いしていますが、実はチャンスには大小は無く、積み重ねた結果なのです。

チャンスを掴み取るということは、日常の中で決断を一瞬で行い、その決断に対して責任を持つことです。

-チャンスに強い人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。