ポジティブな人

恋愛で失敗して後悔しないために人生の挽回テクニックを教えます

恋愛することに条件を優先しては幸せは手に入りません。

何で好きになったかを考えてしまうあなたへ

私の恋愛体験を話します。

好きだった会社の同期の女の子に入社して半年で告白しました。

それまでには2回デートしました。

当初は○○だから好きで告白したという条件のようモノは無く、純粋に一緒にいて幸せを感じていたから想いを伝えました。

しかし、告白は失敗に終わりました。でも、諦めきれなかったのでUSJに誘って、また告白しました。

また振られました。

その日の帰りに、ダメもとで3回目の告白をしました。

オッケーをもらいました。

私は幸福に満たされました。一生大切にしようと心に誓ったのです。

これから1年と半年、2人は遠距離ではありましたが、ずっと幸せにお互いを想い合っていたように感じていました。

しかし、突然連絡が取れなくなり、会うこともなくLINEで振られました。

私は恋愛恐怖症です。

この恋愛体験で学んだことは「女の子は何を考えているか分からないこと」です。

私は恋愛に対して、条件を提示したり一切しないで、お互いのありのままを愛していました。

私はこのポリシーを曲げるつもりはありませんが、彼女に負担をかけていたのかと考えてしまいます。

どうか幸せに暮らしていてほしいですね。

ここからは【何で好きになったか考えてしまうあなたへ】3つの言葉を贈ります。

○○のために結婚しない

この世界は不思議なモノです。

30代になると危機感を感じて結婚しようとする風潮がありますよね。

私はまだ25歳なので、そんなことは微塵も感じませんが、あるみたいです。

詰まるところ、これは自分の不安を埋めるために結婚する。

あるいは、お金のために結婚したり、子供がほしいから結婚したりする人が本当に多いと思います。

○○のために結婚すると、○○に対する理想が高すぎて、○○が原因で離婚します。

これは結婚したことない25歳の青年でも理解できます。

結婚は簡単ですが、離婚は非常に大きな労力を要します。

あなたが正しくリスクヘッジしたいのであれば、結婚に理想や条件を持ち込まないことです。

第二志望で後悔しない

人生で一番好きな人と幸せになれる確率は低いです。

だから、多くの人は二番目三番目と志望を下げていきます。

大学受験で必ず滑り止めを受けるように、パートナーも同じような感覚で考えているのでしょうか。

第一志望しか受けないと決めたら、どれだけ本気になれるでしょうね。

一番好きな人と行くコンビニと、二番目に好きな人と行く豪華客船世界一周旅行はどちらを選択しますか。

これは例えがオーバーかもしれませんが、あなたの人生の幸福度が分かる問題です。

答えはあえて言わないですね。

だから好きに愛は無い

学歴、年収、身長、勤務先、年齢、家柄など多くの条件が人にはあります。

この条件を絞って、人間を検索する時代になりました。

人間は悲しい扱いをされる生き物になりましたね。

これらを並び替えたり組み合わせたりして、最低条件を作り出して、それに一致しないと付き合わないなんて夢が無いですね。

その条件の中に愛が入っていない事実に気付かないのです。

○○だから好きという条件には、パートナーへの想いは入っていないのです。

本当に必要な条件は、こんな自分でも愛してくれる慈愛の気持ちです。

まとめ

冒頭に私の恋愛体験談を話してしまって申し訳ありません。

ただ、学びはありました。

私が無意識のうちに条件を出していたのかもしれません。

これからはお互いの足りない部分を補っていけるような関係をいつか出逢うパートナーと創り上げていきたいです。

まだ、結婚するつもりはありませんが。

-ポジティブな人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。