ビジネスに強い人

出世する人の特徴は群れないコト!人事評価を気にしない生き方とは

自分の評価を気にして、集団に紛れて生きているのではないでしょうか?

出世することに対してのイメージが漠然としているあなたへ

自分はこれからどんな大人になっていくのだろう。

そんなことを真剣に考えたことはあるでしょうか。

おそらく忙しく生きている現代の日本人にはそのようなことを考える時間は無いでしょう。

しかし、私は考えました。

出世とは部下が付き上司になることです。

私は今まで尊敬できる上司に巡り合ったことがありません。

そして、部下ができたこともありません。

だから、出世することにイメージを持つことができないのです。

20代の多くはこのような状況に陥っているのではないでしょうか?

理想とは何か?自分はどんなポジションに就きたいのか?いくらの給与がほしいのか?

正直、考えるだけ無駄だと自分と会社に対して悲観を向けていることでしょう。

現状は、出世することによって解決されません。

役職が付けば、責任も増えてストレスも増えます。

現代の20代は役職に付くのを嫌がります。

当然です。今の上司を見ているとみんな死んだように働いているからです。

ではどうすればいいのか。

それは自分にとっての幸せを定義することです。

自分は何をしている瞬間が幸せで、その瞬間は多くの人に求められているのだと思える時間を手に入れてください。

出世する人は自分の役割と幸せの定義が明確です。

だから、信頼を得て上のステージに登っていくのです。

ここからは【出世することに対してのイメージが漠然としているあなたへ】3つの言葉を贈ります。

居心地のいい上司のそばには近寄らない

あなたが一緒にランチや飲み会を楽しむ上司は将来の自分です。

居心地が良いと思った瞬間に、その上司を尊敬の眼差しで見ていないということです。

馴れ合いの中には成長はありません。

一緒にいて気が休まると思ったら、その人間は自分と同じレベルだということです。

もし、自分が少しでも成長したいと思うのであれば、いつもは一緒にいないような上司に近づいてみましょう。

居心地の悪さがあなたを成長させるのです。

ポイントはあなたの人生の命題と同じ志がある人の近くに行ってみることです。

現状に甘えるだけでなく、どこか厳しい場所に身を投じてみましょう。

現在のグループの平均

あなたの10年後の年収や生活レベルは、現在所属しているグループの5人の平均値です。

この法則にほぼ例外は無いです。

今の居心地の良いグループは自分が傷付かないように、本能的に構築されたグループなのです。

一番恐ろしいのは、知らないうちに時間が進んで、現状に嘆くことです。

温度を徐々に上げられてのぼせてしまう茹でガエル状態になってしまうのです。

グループから抜け出して、孤独を選ぶことによって、人生は豊かになります。

力がある人では出世できない

出世する人の特徴は力や権力がある人ではないです。

会社に対して成果を上げた人です。

つまり、実力主義ではなく成果主義なのです。

100点の実力を持っていても成果が30点の人と、50点の実力しか持っていないけど50点の成果をもたらす人であれば、企業はどちらを評価するでしょうか?

会社の評価システムは複雑に見えて非常に単純にできています。

どれだけ会社に貢献できたかだけを考えればいいのです。

人間関係とか報酬とか部署とかなどの余計なことは考えないようにしましょう。

出世する人は成果を一番に考えているのです。

まとめ

出世については各々考える部分があると思います。

大切なことは自分がどんな大人になりたいかを真剣に考えることです。

難しい理屈より、大まかに自分が目指している人間像を思い描いてみましょう。

変われる瞬間は今しかないです。

後で後悔しても遅いので。

-ビジネスに強い人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。