チャンスに強い人

やる気が出ないのは勉強の仕方が悪いから!目的意識がある学び方とは

あなたは何を求めて学ぶのでしょうか?その意味を考えたことはありますか?

学ぶ意味が分からないあなたへ

勉強して知識量を増やすことはとても大切なことです。

しかし、勉強することで得られるのは知識だけでしょうか?

また、知識を得るために勉強しているのでしょうか?

おそらく、それではモチベーションが続かないと思います。

私の学びに対する観念は「学ぶことによって誰かに還元できる知識を取り入れること」が学びの前提にあります。

簡単に言うと、アウトプットが前提に存在するのです。

例えば、陸上競技の知識を蓄えたとします。

それはユーチューブやブログで、100mを速く走りたい選手に向けてインプットした知識を分かりやすく配信します。

常にどうアウトプットしようか考えながらインプットすると、インプットする理由が自然に生まれてくるのです。

人間はインプットする理由がないから、学ぶことに対して飽きてしまいます。

学ぶことは知識を増やすことでも受験勉強で有名大学に合格することでもありません。

学ぶことによって、幸せにできるターゲットを明確にして、そのフィールドに還元していくことです。

つまり、誰かの役に立ったり、悩みを解決したりするために学ぶのです。

本質を考えて学ばなければ、勉強している時間そのものが無駄になってしまいます。

時間は有限です。少しでも多くを学んで、一人でも多くの人に還元していきましょう。

いつか幸せのお返しが必ず返ってきますから。

チャンスに強い人は長期的に考えているのです。

ここからは【学ぶ意味が分からないあなたへ】3つの言葉を贈ります。

資格を目指すこと自体には意味がない

資格勉強を躍起になってしている人が多いと思います。

現代社会では様々な資格が発行されていますね。

その中で自分の好きなことと類似した資格で仕事をしたいと努力できている人は多くないでしょう。

誇示や見栄で資格の勉強をして、結果、目標のない勉強生活を送っているのではないでしょうか?

一番怖いのは「この資格があれば食べていける」と資格に挑戦している人です。

この終身雇用が崩壊した日本ではそのような資格は存在しません。

そして、試験に合格したとしても、資格によって振り回される過酷な労働社会です。

資格自体に意味はありません。

その資格で何人の人を幸せにできるかに価値があるのです。

資格を取得したからと言って、近くの利益を取るような人にチャンスは訪れません。

大人の勉強方法

大人になるともう義務教育は受けられません。

いつも期末テストになると、テスト勉強をしなくてはならないはずなのに、ユーチューブや本を読んでしまいます。

つまり勉強以外に時間を使ったらダメな状況に、無意識のうちに反抗していたのです。

しかし、大人は義務教育ではなく、権利教育です。

自分の好きな分野を好きなだけ学べます。

強制的にさせられていた勉強と自由に進んで行う勉強はどちらの方が効率が良いと思いますか?

大人は子供と違って、常に一番高いモチベーションで学べるのです。

あなたにダラダラと過ごしている時間は1秒も無いはずです。

たくさん体験して知識を付けて、権利教育の恩恵を受けましょう。

学びは自由

何か学ぶと聞くと数学や国語や社会など堅苦しいことを連想してしまう人が多いことでしょう。

大人の学びは好きなことを追求することです。

登山が好きなら東海地方の山を全て踏破することや映画が好きなら上映された映画は全て観るといったことでいいのです。

分野は自由です。

自分が没頭して、ストレスとは対極に位置する場所で存分に学びましょう。

そこで得た知識や経験はあなたの人生の幅を大きく広げてくれることでしょう。

人生は長いようで短いです。

テーマと期間を絞って、多くの学びを手に入れてください。

人生経験が多い人ほどチャンスに恵まれます。

まとめ

勉強のやる気が出ないのは、勉強することに対してのリターンが分かっていないからです。

学ぶことに対しての明確なメリットを自分の中に落とし込む必要があります。

誰かを幸せにする学びが、これからの社会に必要とされていくのです。

-チャンスに強い人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。