ポジティブな人

ポジティブは即決から生まれる!ビジネス行動を速くする習慣とは

2020年2月19日

決断のスピードで負けるのはなぜでしょうか?

いつもアクションが遅れてしまうあなたへ

「迷い」という感情はどんな人間の心の中にもあります。

しかし、この世界にはすぐに迷いを断ち切れる人間と断ち切れない人間の2パターン存在します。

どちらがビジネスに優れているでしょうか?

答えはすぐに迷いを断ち切れる人間です。

理由は簡単で、迷いを断ち切れる人間は現状が回復しないことを知っているからです。

例えば今の生活です。

何の不自由なく今の生活を快適に感じているなら話しは別ですが、少なからずライフスタイルや給与に不満を持っていると思います。

この状況は時間が解決してくれるでしょうか?

時間は何も解決してくれません。

この事実さえ知っていれば、行動というのはすぐにでも興せます。

また、迷いを断ち切れない人間の特徴として、自分が思っている以上の不安要素を自分で創り出してしまうクセがあることです。

現状を打開しようとすることで、今の環境が壊れてしまうと考えてしまっている人が非常に多いです。

行動しても、現状はすぐには変わりません。

安心して大丈夫です。ちょっと頑張ったくらいでは何も変わらないので。

覚えておいてほしいことは「現状は変わらないこと」と「未来へ過剰な不安を自分で創り出していること」です。

現状は良くならないし、未来は何が起こるか分からないのであれば、行動してみた方がお得じゃないですか?

一歩踏み出した先にはポジティブな自分が待っています。

そろそろ自分に価値を付けないと、取り返しがつかない時代がもう始まっているのです。

ここからは【いつもアクションが遅れてしまうあなたへ】3つの言葉を贈ります。

相談する人は1人でいい

どうしても決定することを迷ったら、あらかじめ決めておいた人に相談すると良いでしょう。

誰にでも自分一人では決められないことがあるものです。

しかし、覚えておいてほしいことは2人以上に相談しないことです。

1人に相談して決断を選択できなかったということは、すでに決断から逃げています。

相談するという行為自体が最後の決断なのです。

最もポジティブを引き寄せる人は思い付いたら即座に行動できる人です。

何も計画しないくらいがちょうどいいです。

なぜなら、殆どの人が計画だけで人生を終えてしまうからです。

遅い決断は悪

この世界に正しい決断も間違いな決断もありません。

あるのは速い決断と遅い決断です。

前提として、自分が選び取った事柄が正しいかということはやってみなくては分かりません。

選んだ道を正解にすることが前提にあるとします。

決断が速い人は間違いに気が付いたらすぐに軌道修正できます。

決断が遅い人気が付いた時にはゲームオーバーです。

速いはポジティブ、遅いはネガティブなのです。

正解が用意されている人生なんてありえません。

それなのに私たちは学校教育で100点を目指すように教育されました。

100点が採れないと、不安になるように教育されました。

テストでは0点なんて採ったことがない人は、社会に出たら晩年0点で終わります。

自分の価値を提供できていない人は0点です。

理由は100点が採れないと思って、0の位置から動けないからです。

よく考えてからの行動に正解はない

子どものころに親や先生から「よく考えてから行動しなさい」と言われ続けてきたことでしょう。

幸い私は子供のころから自由に生きてきたので、そのようなことはなかったです。

人間の特性として、考えれば考えるほど現状維持を選択するようになります。

ここで言う現状維持は、時代が進んで自分が止まっているので、時間軸的には退化しています。

つまり、現状維持は100%不正解になるのです。

考えることに時間を消費するより、バイタリティを消費して行動に充てましょう。

まとめ

アクションが遅れると必然的に、不正解の道を歩かされます。

決断しないという選択肢は最悪の結果しか生みません。

ここで言う決断は、行動と一緒で自分に価値を付けるにはどのようなことをすればいいかを行動に移すことです。

動き続けて膨大な失敗データを蓄積させた人間だけが、勝者の世界です。

-ポジティブな人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。