夢を叶える人

夢に向かって真っすぐ進め!友人との付き合い方で疲れたら一旦引く方法

2020年2月16日

友人の幸せを願っているでしょうか?自分の幸せは後からついてくるものです。

「ありがとう」が素直に言えないあなたへ

幸せとは本来、シェアすることで大きく膨れ上がります。

しかし、自分のためだけに幸せを隠してしまう人が多くいると思います。

例えば、お土産がいい例です。

旅行という楽しみを一人のモノだけにするのではなく、幸せのおすそ分けをすることがお土産の役割です。

また、先生も素敵なお仕事ですね。

自分の知識や体験を生徒に還元しています。

つまり、幸せの根底にはGIVEの精神があるのです。

「あなたのおかげでいつも助かっています」という意味が込められた行動が幸せを引き寄せます。

感謝を求めたり、行動を要求しては幸せが逃げていきます。

大切なことはまず自分が与えることです。

それは家族でも友人でも恋人でも同じことです。

この記事では友人にフォーカスして書いていきますが、人は与えることで幸せになります。

人生で最も多くの時間を友人と過ごす人も多いはずです。

一生に一度だけの出会いを大切にしていきたいですね。

ここからは【ありがとうを素直に言えないあなたへ】3つの言葉を贈ります。

古い友達から突然かかってくる電話

コチラが何も与えていないのに、突然求められることがあります。

人生のルールとして、与えたモノしか返ってきません。おかしいですね。

旧友から突然の電話の多くはお金の話しです。

もちろん昔話しを楽しく語り明かすことかもしれません。

そこで、もし「お金を貸してほしい」という内容だったら、すぐに断ってあげましょう。

そのお金はGIVEのつもりで、与えても返ってきません。

GIVEはコチラから自発的にするものです。

求められて、不本意な事柄には使ってはなりません。

お金を貸さないことが、相手のためになると思って優しく対応してあげてください。

友人は増やさない

人脈や人間関係の量が重要だと考えている人が多いです。

SNSで友達との交流を毎日のように更新している人が増えましたね。

自分がどう思われているかを気にして生活することを辞めると、見違えるくらいに人生が楽になります。

多くの友達に囲まれる人生が幸せなのでしょうか?

そうではないですね。

信頼のおける人が1人でも2人でもいる人生が幸せでしょう。

例えば愛人が5人いるのと愛人が1人いるのとでは、人生に使うお金と時間がまるで違います。

1人当たり1日3時間使うとすると、前者は15時間必要です。もちろんお金も15倍です。

しかし、後者はお金も時間も一元管理できるので、自由度が高いです。

量の時代はかなり昔に終わっています。

目の前にいる交流の深い友人を大切にしましょう。

友人の幸福に拍手できる人が次の成功者

人間は芸能人やスポーツ選手には快く拍手を贈ることができます。

テレビのクイズ番組で優勝したり、ワールドカップに出場したりしたら本気で祝福できます。

しかし、あなたは身近な人に拍手を贈れるでしょうか?

それは難しいと思います。

理由は簡単です。自分と同じレベルだと思っていた人が、一つも二つも上のステージに行ってしまうからです。

人間は身近な人間には祝福できない弱い生き物なのです。

しかし、いつまでも妬んだり僻んだりしても解決しません。

次に自分が応援してもらえるように、必死になって誰かを応援しましょう。

友人の成功や出世を本気で、祝福できる拍手があなたのパワーになります。

焦らなくても大丈夫です。

感謝することで、人は確実に成長していきます。

まとめ

友人との付き合い方で大切なことは、感謝と祝福です。

ただ、いつも一緒だと自分だけ取り残されたような感覚に陥りやすいでしょう。

しかし、それはタイミングの問題です。

たまたま友人が先に評価された話しです。

そんな友人を素直に拍手できる人が次の成功者です。

-夢を叶える人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。