ポジティブな人

常識という檻をぶち壊す!99%の人が知らないポジティブシンキングの習慣

2020年2月11日

いつまで常識人間をしているつもりですか?自分らしい人生は常識の外側にあります。

世間の目を気にして自分らしい生き方ができないあなたへ

常識は人生に可能性を小さくする厄介な観念です。

私が考える常識とは「人にどう思われるか」というくだらない幻想です。

常識外れなことをして、周りから非難されたらどうしよう?

当たり前なことをミスしてしまって、誰かにバレたらどうしよう?

これらは全て、あなた自身が創り上げた常識が、勝手に自分自身に与えているプレッシャーです。

非常にナンセンスです。

常識のせいで勝手に自己消耗してしまっているのです。

しかし、それに気付かないで、今日も不確実な常識に囚われて生きている人が殆どでしょう。

常識なんて実は存在しません。

昔は「スポーツしているときは水を飲むな」や「新聞会社に勤めておけば間違いないから」といった謎の妄言が飛び交っていました。

現代は時代の流れがあり得ないくらい高速化しました。

今の常識は3年~5年あれば確実に非常識になっています。

時の流れとともに変わってしまう常識という観念に一喜一憂する人生って疲れませんか?

生きてきた環境や周りに植え付けられた既成概念を打ち破って自分の時間を生きていきましょう。

ここからは【世間の目を気にして自分らしい生き方ができないあなたへ】3つの言葉を贈ります。

他人が賛成しそうな道を選ぶのは辞めよう

選択の仕方として2つのパターンがあると思います。

1つは「学校の先生や親が賛成してくれそうな選択」

2つは「学校の先生や親が反対しそうな選択」

多くの人はこの2つのパターンのいつまでも悩んで、人生の大半の時間を過ごしてしまいます。

これって選ぶ方を決めておいたら、人生の時間が増えることになりますよね。

私は反対しそうな選択をするようにしています。

理由はシンプルで、賛成されることに自分の本当にやりたいことはないからです。

ただ、常識が邪魔して賛成してくれそうな選択を他人に選ばさせられる人生なんてネガティブです。

常識が自分の中にあるとしたら、自分の常識で動けるようになったら、人生が楽になりますよ。

「みんな一緒だよ」という人はあなたのことを微塵も考えていない

悩みやネガティブを相談して、「それはみんな一緒だよ」という他人とは関係を持たない方がいいと思います。

理由は、あなたのことを一切考えていないアドバイスを平気で与えてくるからです。

あなたの相談は一般論を確認するためにしているわけではないはずです。

それに対して、常識で正当化してくる人に悩みやネガティブを解決できるとは考えられません。

大切なことはあなた自身が特別な存在で、特別な境遇に悩んでいることを理解してくれる人間に相談を求めることです。

みんな一緒だから現状が回復するわけではありません。

そして、そう考えてしまったらこれから先の人生は一生思考停止状態で終わることでしょう。

噂は立てられた者勝ち

日本は噂の文化がまかり通っています。

99%の人々が不確実な噂を頼りに、人生の多くの時間を失っていきます。

逆に1%の何かに挑戦している人は、その噂の対象となります。

もし仮に、理不尽な噂があなたを襲ったとしたら、それは超ラッキーです。

もう成功というゴールラインは近くまで来ているということです。

噂の本質はネガティブです。

ニュースや報道を観てても、嬉しいニュースより悲しかったり馬鹿らしいニュースの方が多いことに気付いていると思います。

それは人間が本能的にネガティブに気を取られることがプログラミングされているからです。

マスコミやメディアは数字が第一なので、悪い部分を断片的に切り取って報道するのです。

噂の特性として、挑戦する人をさげすむことがあります。

それは今の位置から高い位置を目指す人を、引きずり落そうとする人間の本能なのです。

とても悲しい生き物ですよね。

だからチャレンジャーは気にしないで、ポジティブを貫き通しましょう。

まとめ

常識がネガティブを創り出していることは理解いただけたかと思います。

結局、自分は自分の檻の中でしか生きられません。

大切なことは「自分の好きでもないことを好き」と言わないことです。

好きなことを胸を張って好きと言えることが常識人間を卒業する一番の方法です。

-ポジティブな人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。