ピンチに強い人

恋心は常にピンチと隣り合わせ!恋愛哲学から読み解く仲違いしないマル秘テクニック

2020年2月9日

「この人を好きになってはいけない」と思ったら、恋愛は始まっています。幸せな恋愛はどのようにしたらよいのでしょうか?

後悔しない恋愛をしたいあなたへ

男女の恋愛は希少性の塊だと思います。

時代が違ったら出会えない、生まれた場所が違ったら出会えない、学んできた環境が違えば価値観も違います。

そんな2人が出逢うということは奇跡的な確率ではないでしょうか?

30個好きな部分があって70個嫌いな部分があるお互いは付き合ったりしません。

しかし、1個好きな部分があって他の99個は嫌いでも好きになることはたくさんあります。

やはり、希少性なのでしょうね。

その1個が他の99個を包むような魅力があるということです。

後悔しない恋愛には、このように1個だけ尊敬できる部分を見つけられるといいと思います。

あなたには相手に尊敬してもらえるような魅力はあるでしょうか?

現在は3組に1組が離婚する時代となりました。

これはインターネットやテクノロジーが進化して、ある種、人間関係が希薄になったせいかと私は考察しています。

つまり、お互いのことを知らないまま、勢いで結婚したはいいものの、上手な距離感の保ち方が解らないといった状況が続くのです。

あれだけ結婚式は幸せそうにしていた2人なのに、、、と思うかもしれませんが、実はこの状況が現実で頻繁に起こっています。

そんな時は2人の恋の始まりについて、話し合ってみるといいですよ。

ここからは【後悔しない恋愛をしたいあなたへ】3つの言葉を贈ります。

相手に腹が立ってしまったら

好きで付き合い始めたはずなのに、なぜか相手に腹が立っていませんか?

日常を同じ空間、時間で生活していたら、そのようなことも出てくると思います。

結論から言うと、それはあなた自身が相手に依存しているからです。

つまり、相手に○○してもらおうと求めているのです。

現代は全ての水準が高くなり、何でも与えられる時代となりました。

だから、与えられないことに対して、求めてしまう癖が付いてしまっているのです。

相手に依存して、求めたものが返ってくると思い込んでいること自体が離婚の原因です。

幸せな恋愛をしているカップルや夫婦は考え方が逆です。

相手に依存するのではなく、自分から与えたものが、時間差を生じて返ってくることを理解しています。

つまり、give&take精神に加え長期的な戦略のもと、良好な関係を創り上げているのです。

イライラする前に、あなたはパートナーにしてあげられることはないでしょうか?

群れでの恋愛活動は無意味

会社や私生活で出会いがないという人々が複数の小グループを無理やり作って決行される合コンというものがあります。

これは非常に非効率です。

それは集団のレベルに合わせる必要があるからです。

その中で行われるのは当たり障りのないチープな世間話や会社の愚痴などでしょう。

自分の個性やパーソナルな部分も過剰に表現しないとダメな場面も出てくるかもしれません。

実にナンセンスだと思いませんか?

繕った自分や蔑んだ自分で勝負しないといけない恋愛なんて誰が望んでいるのでしょうか?

本当に大切にしたパートナーを見つけたいなら、1人で単独行動しましょう。

単独行動は希少性を際立たせてくれます。

それを尊敬してくれる人が必ずいるので、後はシンクロニシティに任せるだけです。

尊敬する相手を見つけ出すには

相手を尊敬できなかったり、尊敬できる人間に会ったことがない人もいることでしょう。

理由は簡単です。

それは自分自身を尊敬していないからです。

もし本当に尊敬できる人を見つけたら、関係を持ちたいと思うことでしょう。

しかし、その際に自分をどういう人間かと紹介できないから困っているのではないでしょうか?

どうせ自分なんてと、自分を否定した瞬間に尊敬する人は姿を消します。

人間関係は、自分との合わせ鏡です。

素敵な出会いをしている人は、素敵な人格者です。

まとめ

恋愛にすれ違いは付き物です。

そのたびに、お互いの恋愛の起源を思い出してみましょう。

きっと「この人のために尽くしたい」というポジティブな気持ちがあったはずです。

そして、焦らなくてもいいです。

自分の魅力を強くイメージしてください。

それに価値を付けてくれる存在がきっと現れるので。

-ピンチに強い人

Copyright© アスリートメンタル大学名言学部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。